事例

TAOドライブは貴社の事業経営と情報技術を結び付け、ビジネスのスピードを向上できるように情報システムをうまく取り入れることをご支援します。

受発注在庫管理システム

企業における、販売・仕入・在庫に関連する情報を管理するシステムを構築します。

上記業務における「お金」と「モノ」の流れを整合性をもって管理する仕組みです。業務部門で日々生まれるこれらの情報は、最終的には会計へと繋がります。

販売・在庫・仕入を整合性を持って管理できるシステムをスクラッチ開発(自作すること)することはコスト・期間ともに現実的ではないので、パッケージソフトウエア(汎用的な機能をもった出来合いのソフトウエア)を基にして改造を加えていくのが一般的です。

当社では、企業向けクラウドコンピューティングプラットフォーム Salesforce上で稼働する FUJITSU GLOVIA, Inc製のGLOVIA OMを取り扱っております。日本では、富士通株式会社より提供されており、当社も富士通株式会社・株式会社富士通マーケティングと連携して、様々なお客様へ販売・導入をしております。

TAOドライブは、創業から絶え間なくGLOVIA OMの導入を手がけてきました。GLOVIA OMは、完全なForce.comアプリケーションですので、Salesforceの良いところと苦手なところはそのまま引き継いでいます。当社の導入サービスは、GLOVIA OMの良さはそのままに、苦手なところを補完します。

業務テンプレート

GLOVIA OMが標準対応できない業務について、汎用性の高いものを業務テンプレートとして準備しておりますので、当社にお任せいただければ、迅速な立ち上げが可能です。

帳票出力

受発注管理には帳票が必ず必要です。PrintDrive(プリントドライブ)は、Windows専用ですが、SVGに準拠した高品位な帳票を開発可能です。物流伝票に必要なバーコードも簡単に出力できます。印刷枚数によらずユーザ単位の月額料金ですので、安心して導入いただけます。Internet ExplorerとFireFoxブラウザに対応しています。(現在、Google Chromeではお使いいただけません。)

画面開発

GLOVIA OMの受注を始めとした入力画面は、Sales Cloudの商談商品に似た画面となっており、受注明細件数の多いお客様では、業務生産性が維持できません。InterfaceDrive(インターフェイスドライブ)は、JavaScriptにてForce.com画面を拡張して、高速な入力環境を実現します。

会計システム連携/ 社内システム連携

既存の社内システムとのデータ連携は、Talend社のオープンソースETL Talend Open Studioを活用して構築します。社内にサーバを設置して頂き、連携を実現します。

ECサイト

Herokuプラットフォームを使い、ECオープンソースパッケージ EC-CUBEにてECサイトを構築します。Herokuプラットフォームにより、OSのアップデートは不要で、保守の手間を減らすことができます。

専用業務システム

Salesforceプラットフォームを用いて、貴社専用の業務システムを構築します。

データ連携

Talend Open Studioを活用し、SalesforceやHerokuなどのクラウドシステムとオンプレミス(構内)システムのデータ連携を実現します。