基幹システム

財務会計を中心に売上・仕入・生産等の業務を含めて管理し、業務部門で日々生まれる「お金」と「モノ」の流れについての情報を、最終的に会計へと繋ぐ仕組みが基幹システムです。

基幹業務サイクル

基幹システムの実現方法には、

  1. 財務会計一体型のERPシステム
  2. 販売管理システム+財務会計システム
  3. オーダーマネジメントシステム+財務会計システム

といった方法があります。

基幹システムをスクラッチ開発(自作)することは開発期間が長く、開発コストも多額となるため、パッケージソフトウエア(汎用的な機能をもった出来合いのソフトウエア)をベースとして、自社独自の要件に合わせてカスタマイズ(改造)を加えていく開発のやり方が一般的です。

当社ではパッケージソフトウエアGLOVIA OMをベースに販売管理システム/オーダーマネジメントシステムを構築し、それと財務会計システムの連携を開発することで、クラウドコンピューティングを活用した基幹システムを実現することが可能です。

基幹システムの事例

受発注在庫管理のクラウド化

輸入業務や締め請求業務に対応したオーダーマネジメントシステムを開発しました。

新会社の基幹業務を行うオーダーマネジメントシステム

受注から倉庫への出庫・梱包指示、購買・受入による仕入れ、出荷までを管理して請求を計上、売掛・買掛情報を財務会計システムに連携できるオーダーマネジメントシステムを開発しました。

在庫金額計算ができるオーダーマネジメントシステム

受注請書や請求書などの帳票出力に加え、在庫金額計算も可能なオーダーマネジメントシステムを開発しました。

販売管理システム

AS400で構築された販売管理システムを刷新しました。

基幹業務システム

Salesforceで開発された基幹業務システムの保守を当社が担当しています。