営業管理

引き合いを受けてから受注に至るまでの営業業務の管理を行います。引き合い元の企業あるいは個人の情報管理と、引き合いのフェーズ(段階)管理の2つによって構成されます。 引き合い一件毎にその商談フェーズを管理し、受注の成功に至る割合から逆算して十分な量の引き合いを確保することで、目標売上の達成を図る考え方になります。 引き合いのフェーズを先に進めるための営業担当者の行動を標準化し、その行動の状況を共有・指導するために行動の登録が行なわれます。

一方、卸・流通、小売・アパレルなどの繰り返し注文の方が多い業態や、代理店等による間接営業形態の場合は、引き合いなく受注することがほとんどの場合があります。そのような業態では、営業業務とはマーケティング業務に近いものとなり、引き合いフェーズ管理ではなく、見込み企業や個人に対する営業の行動管理が主たるものとなります。

当社は、自社でSalesforce Sales Cloudをユーザとして活用しており、フェーズ管理を中心とした営業管理に対する十分な知識がございます。卸・流通、小売・アパレルの経験が豊富ですので、フェーズ管理がしっくりこないといったお客様でも、ぜひお気軽にご相談ください。

営業管理の事例

営業力を強化するシステム

営業情報を適切に共有することで営業力を強化する、営業管理アプリケーションをSalesforce Platform上で開発しました。